喫煙率が下がっているのに、肺ガンは激増しています。
いまや、日本人の死因トップはご存じ悪性新生物=ガン。
そして部位別トップが肺癌なのです。
→厚生労働省:平成20年人口動態統計月報年計(概数)の概況:

ガンの要因はタバコだけではなく、食事、運動、精神的ストレスほか生活の有り様にあることはいうまでもありませんが、、、、、、、、

今あらたな外的要因が注目されつつあります。「PM2.5」(微小粒子状物質※)がそれです。
排ガス・粉塵煤煙処理他もろもろ、、、のために発生した「微小粒子」は肺胞の奥、さらには、血液にまで入り込み、これが、「あらたな公害」を生み出しているのでは、、、ということなのです。※2.5ミクロン以下の超微粒子

巨視的な価値観ではすべてのガンを総体的に捉えがちですが、大気汚染の実態を科学的に捉えて、肺周辺の健康を脅かす原因をさぐることも必要かと思われま す。

そして、それに対応した新たな技術や旧来の技術の掘り起こしも重要。

公害処理のために発生するあらたな公害の発生ともいえることから、根本の解決は工業的生産を減らすこと。しかし、便利が当たり前の世の中の有り様を即座に 見直すのは難しい。ではどうすれば、よいのでしょうか。

微小粒子が蓄積したとしても、疾病に結びつかない、高い抵抗力を身につけること。

マクロビオティックやナチュラルハイジーンなど自然の理にかなった食生活に加えて、すぐれた健康補助食品 を愛用する、適度な運動もして、低体温症に陥らないようにすることなどをとりあえず、あげることとします。

さらに、加えて、外的要因を少しでも減らすためには、すぐれた空気清浄機を使用することが重要です。

これは菌やウイルスではないので、不活性化や殺菌という概念では太刀打ちできません。

しっかりと濾し取る能力のある空気清浄機を選択する必要があります。

微小粒子は今後、健康阻害要因として、医療はもちろん、空調機器、健康機器、健康自然食品の分野でも大きなテーマとなっていくことでしょう。

スほか生活の有り様にあることはいうまでもありませんが、、、、、、、、外的要因も見過ごせません。

排ガス・粉塵煤煙処理他もろもろ、、、のために発生した「微小粒子」(PM2.5※)は肺胞の奥、さらには、血液にまで入り込み、これが、「あらたな公害」を生み出しているのでは、、、ということなのです。※2.5ミクロン以下の超微粒子

玄米食べても間に合わない?

ではどうすればいいのでしょう?

巨視的な価値観ではすべてのガンを総体的に捉えがちですが、大気汚染の実態を科学的に捉えて、肺周辺の健康を脅かす原因をさぐることも必要かと思われます。

そして、それに対応した新たな技術や旧来の技術の掘り起こしも必要。

公害処理のために発生するあらたな公害の発生。
根本の解決は工業的生産を減らすこと。しかし、便利が当たり前の世の中の有り様を素部に見直すのは難しい。ではどうすれば、、、、、

Comments are closed.

Post Navigation