温室ガス削減:企業「炭素会計」試行へ 環境省が指針作り - 毎日jp(毎日新聞)

従来の安全基準・情報開示という指標に加えて、今後、環境対応があらゆる商品で必須となっていくでしょう。

炭素会計の考え方では、安全だ、国産だ、というだけでは成り立たない。

たとえば、塩。国産の煎熬塩と輸入の天日塩では、輸送にかかる「炭素負荷」を考慮しても圧倒的に後者が有利となります。

企業はこのようなことも考慮した生産活動がますます求められていくものと思われます。

Comments are closed.

Post Navigation