昨日、東北太平洋沖地震が発生しました。

被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

地震、津波による甚大な被害は想像を絶するものとなっています。

さらに、福島の原子力発電所では炉心溶融(メルトダウン)に至り、こちらは、状況によっては、大規模かつ長期的な影響が考えられます。
日本および国民は、今後は、脱原発で「エコで持続可能な社会」をめざさなければなりません。

心ある市民の声を黙殺し続けて、原発を推進してきた前政権そして現政権に対してその責任を問うとともに、私達自身の生活のあり方を厳しく見直す必要がありそうです。

ともあれ、今は、ひとりでも多くの方々の迅速な救助を祈るばかりです。

Comments are closed.

Post Navigation