お客様からコンデンス除湿機の構造について他方式との違いをわかりやすく説明するようにご指示いただきました。

次のようなお手紙をお送りしました。ご参考いただければ幸いです。

———————————

このたびは、コンデンス除湿機について、お問い合せありがとうございます。

主に、構造、仕組みについての詳細資料をお送りいたします。

・コンデンス除湿機の構造上の特長は、他方式が内部に結露による除湿または汚染されやすい除湿剤での除湿という方式であるのに比較して、「内部結露を生じない、かつ、塩化リチウムというきわめて安定して衛生的かつ除湿能力の高い吸湿剤を使用している」ということがいえます。

カンキョーが先鞭をつけた「空気乾燥機」の原理をそのまま除湿機で実現した、というイメージとなります。

・結果として、除湿機では一般的な内部でのカビ・ダニの発生がなく、かつ、従来方式の数倍から10倍以上という次元の異なる強力な除湿能力(=同じ消費電力では数倍の省エネ性能)を実現しております。

・耐久性も発売から4年を経過しておりますが、単純な内部構造で騒音振動のきわめて少ないこともあり、故障のきわめてすくなく高い耐久性も確認されております。

唯一のデメリットは他方式と比較しに高価格であるということですが、この点は長期使用するほど省エネ性と高性能(除湿性能・高風量)でご納得いただけるものと考えております。

以上、ご参考いただければ、幸いです。

———————————

冷え性は現代の病の一大原因(症状ともいえますが、、)です。手、足、腰など体の一部またはお腹さらに全身で冷えを感じる場合もあります。

冷え性の原因をまとめると、

  1. 自律神経失調による末梢血管の循環不良
  2. ビタミンE他栄養素の不足
  3. 慢性の貧血症、糖尿病、高血圧、腎炎、動脈硬化などの病気による場合もあります。

このように現代医学的にはとらえられますが、食養や東洋医学的にいうと陰性過多の状態を継続する生活のあり方に大きな問題があります。

夏の冷房冷え、寒冷期のアイスクリーム、ビールなどを含めて冷たいものの過剰摂取と水分の取りすぎで冷えと水毒が体にしつこく内在してしまいます。

36度Cを下回る低体温症の多くは温かいもの、陽性なものを飲み、食べ、過剰な冷房は避け、さらに、ラジウム温泉や放射線ホルミシスの応用商品の活用などで改善されます。

生物が生きていくための基本的なエネルギーはミトコンドリアが作り出します。

したがって、ミトコンドリアの働きを妨げる冷たいものの摂取や過剰な冷房など生活のあり方は低体温→免疫低下を招きます。

また、ミトコンドリアには温度依存性があり、36.5度C以下の環境では働きが鈍りますから、解熱剤は症状を悪化させることがあります。

寒い時期はなおさら、暑い時期にも温かい飲み物、食べ物を取り、体温を下げないようにするのが健康のために大切です。
(参考「これで病気にならない」西原克成氏著 他 参考)

昨年まで弊社の事務所は鉄筋コンクリートのマンションにありました。そこで、3年ほど前からゼンソクの症状が私に頻繁に現れるようになりました。ついには事務室の外でも咳き込むことが多くなり、妻からは「結核かもしれないから早く病院で診てもらって」といわれるようになりました。

引っ越すときに分かりました。その原因が。

小さな窓がわにそった棚に妻の絵画をおいてあったのですが、棚の後ろの壁が一面のカビ!壁紙にしみこみ、範囲も背丈ほどに。結露の繰り返しがこのような事態を招いたのは一目瞭然。

この棚は重くて大きいため、大掃除もままならなかったのです。

このカビ、もしかしたらダニも私のゼンソクの原因になっていたのでしょう。

木造の家屋に引っ越して事務所を構えてからは、ゼンソクは抜けて楽になりました。が、妻の絵のかなりの部分がカビでダメになってしまいました。

湿気がダニ・カビの温床になることは知識として知っていましたが、認識が甘すぎました。もっと早くコンデンス除湿機に出会っていたら「部屋を丸ごと干す」という目から鱗の新発想でこのような事態も防げていたでしょう。

湿気は家屋にとっては大敵。カビ・ダニ・雑菌(=ニオイ)さらにゴキブリ、シロアリなど害虫の発生を活発にします。

適度な湿気は人体には必要ですが、家屋、内壁、天井、エアコン、家具、衣服(洗濯もの含む)、配管、、、、つまり住まいの中空部分以外はすべて乾燥している状態が健康生活空間として理想です。

日本では冷暖房効率は高いけれど湿気の逃げ場がない密閉型の住宅が普通になり、さらに、もともと多雨多湿に加えて近年の亜熱帯化でさらに湿度は上昇、、、、、と高性能で環境対応型の除湿機は必需品となってきました。これが弊社がコンデンス除湿機を提案する理由です。

数年おきに磁気活水器の商品表示や販売資料の表現が景品表示法に触れているものとして、消費者行政からの摘発が続いています。

今回(下記引用は日経)も3年前の東京都からの指摘と同様の内容のものです。

たしかに、磁気活水器に残留塩素、トリハロメタンなど有害物質の除去効果はありません。

「有害物質除去」をうたう磁気活水器はあきらからに景品表示法に違反しているものと思われます。

磁気活水器は弊社でも販売しています。前提として「残留塩素やトリハロメタンなどの有害物質を除去するものではないこと」を明示して販売しています。水道水の残留塩素の値が高い水質の劣る地域では浄水器との併用をおすすめしています。

磁気活水器は「悪いものを取る」浄水器の代わりになるものではありません。

では、なぜ弊社でこのように行政にマユツバ視されている商品を販売しているのか、といいますと、「悪いものは取らないが、よりよい性質に水を変える」からです。

磁気活水器による処理水生成のメカニズムを次のように考えています。

—————————————–
水分子はひとつひとつが極性(N極・S極)をもつ「双極子」です。
通常、極性の方向はバラバラの状態で存在しますが、水が強力な磁気空間を通過することにより水分子の極性の方向が揃い、処理水全体が微弱な磁気を帯びた「液体磁石」の状態になるものと考えられます。
これを磁気水(=磁化水・磁性水・磁気活性水)といいます。
磁気水は炊飯糖度の向上、油汚れ落ちの向上、抽出力の向上、植物成長促進等で信頼性の高いデータが出ており、水分子のクラスター細分化、マイナスイオン増加が生じていると言われております。
磁気を使用した健康器具には多種多様なものがありますが、磁気の健康に対する効果は一般に有効とされております。
磁気水そのものの健康効果については研究途上ですが、今後、未知の分野が明らかにされるものと各方面より期待されています。」(磁気活水器「磁水工房デラックス」の弊社商品説明より抜粋。http://amygdalin.ocnk.net/product/13

—————————————-

実際に汚れ落ちの向上、炊飯糖度の向上、コーヒー抽出力の向上などはしかるべき試験場で有意なデータが出ています。

お風呂の水に使用しますと感覚的に水がなめらかになるのを感じることが出来ますし、販売先通販業者様の炊飯試験では炊飯時の玄米・白米の臭いニオイが減少し、食味が向上したとの報告をいただいております。

また、食品メーカーで体感的に水質改善効果を認めて使用している例、助産院で水中出産のお湯や産湯に使用しているなど多数の事例があります。

水質改善のメカニズムは仮説であり、現在、科学的な解明は不十分ではありますが、確かなデータを無視するのはむしろ科学的とは言えないでしょう。

科学では説明が不十分でも、多くの体験やデータで「よい」とされるものがまだまだこの世の中には充ちています。多くの民間療法がそうでしょう。また、温泉法で認められている「放射能泉」の存在は、厳格な原子力・放射線規制法制と矛盾しています。放射線の有害性と非常に厳格な規制がある一方、放射能泉の有効性の科学的な解明には行政サイドは非常に消極的です。実際に放射能泉で末期ガンが治癒改善した例は秋田玉川温泉などで無数に存在しています。

科学の名を語るには「解明不十分な現象」も考慮しなければならないと思います。あらゆる科学は仮説であることを忘れてはなりません。

磁気活水器に対する行政の姿勢で残念なのは、景品表示法の適用を厳格に行うあまり、その商品の他の側面がたとえ本質的には消費者にとって有益であるにもかかわらず、その根本原理までもが否定される事態となりかねないということです。

商品を販売する企業はそのような否定的な可能性を十分認識して、責任ある商品づくり、適格な商品表示や良心的な販売方法につとめなければなりません。通常2,3万円程度の商品を10万円以上で販売することがたびたび行われていることも問題です。

(以下、新聞社HP掲載記事より)

「有害物質除去」の磁気活水器、効果なし 国民生活センター

水道水に含まれる有害物質のトリハロメタンなどの除去や減少効果をうたった磁気活水器について、国民生活センターは20日、市販品から抽出した6製品すべてで効果が確認されなかったとのテスト結果を発表した。同センターは事業者団体などに、早急に不当な広告・表示をやめるよう要望した。

同センターによると、磁気活水器は浄水器などと違って統一された規格や試験法はない。多くは水道管や蛇口の外側に磁石を取り付ける構造で、浄水器のような水に直接触れるフィルターなどは付いていない。

同センターは、効果をうたった2800―23万円の6製品をインターネットの通信販売で購入。取り付け前後の水道水に含まれるトリハロメタンの量を調査したが、いずれも変化はほとんどなかった。一部の商品は残留塩素の軽減も表示していたが、同様に効果はみられなかった。(NIKKEI NET2008年8月20日 19:40)

 かんげんこん/ホーム

原子力発電は人智ではコントロールしきれないものとして、私はその存在には疑問を抱いています。

しかし、「放射線・放射性物質の健康増進への活用」という観点から見ると、日本あるいは世界各地で古来より活用されてきたラジウム温泉(放射能泉)を一例として、微量放射線(放射線ホルミシス)の効果は明白であると考えています。

電力会社がバックになっている団体のHPですが、一般的な放射線の基礎知識を整理するためには大変わかりやすくておすすめです。

ja: OpenOffice.org日本語プロジェクト

いままで統合オフィスソフトはOffice2000(vista非対応)をxpで使用していましたが、近い将来のvista移行を考えて、新しいオフィスソフトの導入が必要になってきました。しかし、寡占化甚だしいMS Officeの新バージョンの使用には躊躇していました。

そこで、MSOffice互換のオフィスソフトを検討。対象にはジャストスイート、格安のキングソフトオフィスやEIOfficeなどがありましたが、今回、私どもでは、OpenOffice2.4の使用を開始しました。

当初、とくにワープロで若干のレイアウト崩れがあったのですが、改善のためのパッチのインストール後は大幅に改善されました。OSがWindowsの場合はOpenOffice2.4インストール後に、下記からこのパッチをダウンロードして普通にインストールするだけです。

かもめの開発2007 プロジェクト http://jsdp2007.net/

このパッチをインストールしたOpenOffice2.4は無料とは思えないほどMS Officeとの互換性が向上し、ワードで作成した写真入りのチラシなども問題なく再現され、移行が可能と判断しました。表計算は価格表や見積など単純なものしか作成していませんので、こちらもまったく問題ありません。

ご参考までにシステム要件は次の通りです。少々古いPCでも使えます。

  • Windows 98, Windows ME,Windows 2000 (Service Pack 2 以降), Windows XP, Windows 2003, Windows Vista (より進んだサポートは2.2からです)
  • 128 M バイトの RAM
  • JRE付きのインストーラをダウンロードしてインストールする場合、少なくとも 800 M バイトの空きディスク容量が必要です。インストール後、インストーラーなど一時的に使うファイルを削除すれば、OpenOffice.orgは約 440 M バイトのディスク容量を占有します。
  • 画像解像度 800 x 600 以上、256 色以上

かつてのバージョン1.xでは互換性の点でかなり劣っていたのですが、この数年で大幅に向上しています。起動・動作速度も改善されていて快適です。

OpenOfficeはこのところ、国内・海外の多くの自治体、大企業(住友電工など)での採用が続いていますが、納得した次第です。

祭の金魚すくいで捕ってきた金魚を20匹ほど飼っています。
白点病か白雲病か判別がつきませんが、正常ではない状態のものが目立ってきました。
このままでは、全滅しかねないので手当てすることにしました。養殖業者などでは、0.5%の塩浴を活用しているとのこと。あらゆる病気に効くそうです。 (参考サイト 塩浴時の塩の量の計算

今回は「水30リットルに対して塩150g」で調整した塩水を入れました。しばらくすると、いままで、池の左端にいた一群が塩水を注いだ右端の方によってきました。気のせいか気持ちよさそうです。
今日が4日目ですが、金魚の動きも活発となり、病状が軽くなった金魚が目立ってきました。塩はカンホアの塩を使用しました。