弊社開発商品「ねのいのち・たんぽぽコーヒー(カップ用)」は、オーサワジャパン(株)を通じて全国のオーガニックショップ、自然食品店等で販売していただいております。

また、全国の主な助産院ではポット用を中心に販売していただいております。ご購入に際しましては、まずは、お近くのオーガニックショップ、自然食品店、助産院にお問い合わせください。

弊社かんたろう通販での通信販売もご利用いただけます。

ねのいのち・たんぽぽコーヒーのご購入、品質、安全性、使い方などご不明な点はお気軽に弊社あてお問い合わせくださいませ。

(随時更新)

原発問題を考え、放射能汚染という現実に対して、私達は、どう行動すればいいのか、指針となる多くの情報が心ある学者、市民達から公開されています。

弊社代表の鈴木が「これは参考になる!」と感じたサイトのリンク集です。ご参考ください。

小出裕章 非公式まとめ
京都大学原子炉実験所助教。反原発を長年にわたって訴えてきた希有の研究者。反原発・脱原発の論陣のカナメといっていい人物です。

武田邦彦 takedanet.com
中部大学教授・武田邦彦さんのサイト。原発事故後、京都大学小出助教とともに、もっとも注目を浴びる研究者といっていいです。原発事故の状況分析、市民レベルでの対策など多くのコメントを公表しています。化学者・物理学者・環境学者。政府関係委員など歴任しているがちまたの御用学者とは一線を画する。原発問題にするどく切り込む。環境学者としては、「プラスティック類、ペットボトルはリサイクルするより燃料として燃焼させた方が環境負荷は低い」とする「サーマリサイクル」を提唱し、実際、多くの自治体ではこの考えによりプラスティックが「可燃ゴミ」として処理されるようになりました。
(ただし、プラスティック類が高温燃焼するため古いタイプのゴミ燃焼炉の寿命を短縮してしまう、などの批判もある)。

■児玉龍彦・2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り【動画】

東大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授が、医師、医学者の立場で、福島の状況、内部被曝に関する所見とともに、今後、子供・市民を守るためにどうずればよいか提言しています。3.11以降、現実に福島の現場で調査、除洗などで市民とともに戦ってきた方の静かで激しい怒りが伝わってきて感動すら覚えます。
児玉教授については、次のブログがよくまとめていますので、ご参考ください。
児玉龍彦教授 参考人発言 関連リンク(爆発後の日々)

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~
・隠蔽された原発事故情報を紹介している。

松本市長・菅谷昭氏の2011/3/22の定例記者会見【動画】
・(ニコニコ動画無料ID必要)チェルノブイリで5年にわたって活動した医師が現役市長にいたとは驚きです。長期間にわたる内部被曝への注意を喚起しています。

日本の原発奴隷
・カネでイノチを買いたたく、原発労働を告発する。政官財・ヤクザが一体となって築き上げる原発労働コネクション。

原発がどんなものか知ってほしい
・原発労働を経験した平井憲夫氏さんによる告発。人権などない労働現場の実態である。原発は多数の犠牲者なしでは成立しない。

原発導入のシナリオ+~冷戦下の対日原子力戦略①【動画】 ※②や③もあり

「日本の原子力は全体が利権になっている!」河野太郎議員

使用済核燃料で原発が止まる

■核のゴミ抱える村 青森・六ヶ所村の現実・【動画】
http://www.youtube.com/watch?v=JWmONP30oLU

■東電、電力使用率を情報操作 恣意的に数値を高く見せる

「ニッポンの自家発電」はすでに原発60基分!電力会社の利権を奪えば「脱原発できる!」

ノーベル化学賞・根岸英一教授『東大の先生は買収されている』
(週刊現代より転載されたブログ)

「原発依存は日本の現実」と米紙 補助金頼りの構造指摘

■なぜ原発は推進されるのか
http://www.nuketext.org/suishin.html

【驚愕】元東電社員の内部告発

東電のカネに汚染した東大に騙されるな

■浜岡原発は本当に大丈夫なのか?

STOP!浜岡原発ブログ 原発の無い安心できる社会を!

「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」

脱原発入門講座

原発はいらない「20の理由」(その1)

天災はとめられへん、けど原発は止められる【pdf】

みんなで決めよう『原発』国民投票

村上春樹氏『我々日本人は核に対する「ノー」を叫び続けるべきだった』

放射能について正しく学ぼう

主要国との電気料金比較

再生エネが10年に原発を逆転 米シンクタンクが報告

メルトアウト「核燃料」地下水直撃の恐怖! メルトスルーを超える最悪の事態
東電はこの可能性を隠していないか!

東日本大震災で被災した青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉各県および長野県下水内郡栄村周辺地域(いわゆる3.12栄村大震災被災地域)で母乳育児をなさっているお母様方へ助産院等を通じて、たんぽぽコーヒー30包入(根100%たんぽぽ茶)を無償提供することといたしました。

この製品はティーバッグ式であり、煮出す必要もなく、お湯に浸すだけで、体を温める、自然育児の定番・たんぽぽ茶ができあがります。
水出しも可能です。

実施要領は次の通りです。

    ・対象製品:たんぽぽコーヒー30包(税込1,680円)を無償提供します。
    ・対象者:助産院・産科医院(母乳育児相談室等を含む)の助産師、医師
    ・数量:原則として6個
    ・送料:弊社で負担(発送場所:弊社または製造元)
    ・お申込期限:5月15日(日)5月31日(火)または合計60個となった時点で終了します。

お問い合わせ・お申し込みは、かんたろう合資会社 鈴木までTEL03-3412-5126または当サイトの「お問い合わせ」よりご連絡くださいませ。

◎◎当分の間、毎日の放射線量の測定結果の公開は有意に高い日のみ公開します◎◎

理由:空間線量の値自体はある程度の爆発的事象が生じない限りは大きく変化がないと思われるものの、これが事態の収束へのベクトルを必ずしも意味しないということです。毎日毎日放射性物質は土壌、草原、木の葉、、、や建物等々に堆積しているわけで、見かけの線量などよりもこちらの事態の方が余程重大で注目すべき事柄と判断した次第です。
とはいえ、線量は放射性物質の大量飛散に関してはやはり重要な指標になりますので、大きく線量が変化を示す際には、ご報告申し上げます。
なお、放射性物質(ヨウ素131、セシウム137)の堆積データについては、放射性物質累積量をご参考ください。

測定機器:RADEX放射線計(ロシア製)、対象:γ線、条件:3回測定平均値、場所:東京都世田谷区下馬4丁目。木造2階建て2階(弊社事務所)
通常のレベルは0.12~0.14マイクロシーベルト/時※程度です。線量はあくまで安全性の指標のひとつに過ぎません。今回の東電原発事故では、遠隔地においては、原爆のような強烈な熱線や爆風、放射線を直接被曝するという事態にはなりそうもありませんが、有害な放射性物質の飛散とそれによる体内被曝が問題です。野外の方が線量は高めである可能性があります。マンションなどで気密性の高い住宅の場合は下記の値より低いことが想定されます。放射能災害においては、飛散している放射性物質の特定が非常に重要となります。世界には、もちろん、日本にも自然放射線が数十マイクロシーベルト/時であっても健康に有害どころか有益な地域があります。多くのラジウム温泉地帯です。放射線レベルの変化は地下鉱物(放射性の希土類鉱石)からの放射線量あるいは空気中への希ガス類の含有により大きく左右されます。しかし、有害な放射性物質の飛来・浮遊による放射線量の変動については十分な注意が必要です。線量の変化がわずかであっても、微量の放射性物質が土壌、建物など生活環境に堆積しそこから予想以上の体内被曝が引き起こされることも皆無ではないでしょう。
※放射性物質(ヨウ素131、セシウム137)については、放射性物質累積量をご参考ください。
※測定対象はあくまで空間線量です。通常レベルをバックグラウンドとして、これを差し引いた線量が福島第1原発事故によるものと考えられます。
※時々、線量計をのぞいていますが、大きな変化がない限り、1日1回のみ下表に記載しています。
※放射線測定器の測定値は絶対的なものではありません。機種、メーカーで大きく異なる場合があります。桁が違うというほどではありませんが、数パーセント、場合によっては数十パーセント異なります。したがって、ひとつの場所での測定は、特定の測定器を使用して、他の測定器を使用しないことが重要です。下記は「当所における放射線量増減の推移」程度としてご参考ください。

  • 2012/01/06 13時09分 0.14 有意かどうかは微妙なところ
  • 2011/05/22 12時00分 0.22 昨日あたりに原発で異変か。風向きは概ね北風。
  • 2011/04/24 06時20分 0.14
  • 2011/04/23 07時20分 0.14
  • 2011/04/22 09時30分 0.13
  • 2011/04/21 05時20分 0.13
  • 2011/04/20 21時00分 0.12
  • 2011/04/19 06時40分 0.12
  • 2011/04/18 13時00分 0.14
  • 2011/04/17 07時10分 0.12
  • 2011/04/15 12時40分 0.12
  • 2011/04/14 06時20分 0.13
  • 2011/04/13 09時30分 0.12
  • 2011/04/12 06時00分 0.14
  • 2011/04/11 10時00分 0.12
  • 2011/04/10 06時50分 0.12
  • 2011/04/09 09時00分 0.14
  • 2011/04/08 09時00分 0.13
  • 2011/04/07 09時00分 0.13
  • 2011/04/06 08時30分 0.13
  • 2011/04/05 08時30分 0.12
  • 2011/04/04 09時30分 0.13
  • 2011/04/03 06時30分 0.13
  • 2011/04/02 06時20分 0.16
  • 2011/04/01 09時00分 0.14
  • 2011/03/31 08時00分 0.16
  • 2011/03/30 14時30分 0.14
  • 2011/03/30 06時30分 0.15
  • 2011/03/29 08時30分 0.17
  • 2011/03/28 08時30分 0.16
  • 2011/03/27 07時40分 0.17
  • 2011/03/27 06時40分 0.13
  • 2011/03/26 10時00分 0.14
  • 2011/03/25 08時00分 0.15
  • 2011/03/24 07時00分 0.16
  • 2011/03/23 14時20分 0.14
  • 2011/03/23 10時20分 0.21 あきらかに平常レベルより高い
  • 2011/03/23 10時00分 0.17
  • 2011/03/23 06時30分 0.13
  • 2011/03/22 11時00分 0.13
  • 2011/03/22 06時30分 0.13
  • 2011/03/21 15時00分 0.16 降雨8時間経過
  • 2011/03/21 13時00分 0.16 降雨6時間経過
  • 2011/03/21 09時30分 0.12 降雨2時間経過
  • 2011/03/21 07時00分 0.13
  • 2011/03/20 07時00分 0.13
  • 2011/03/19 07時00分 0.12
  • 2011/03/18 11時00分 0.12
  • 2011/03/17 11時00分 0.13
  • 2011/03/16 11時00分 0.13
  • 2011/03/15 18時00分 0.26 異常なレベル
  • 2011/03/14 11時00分 0.13 平常レベル
 2011/単位はマイクロシーベルト/時

国内最大級の風量を誇り、部屋の隅々まで除湿乾燥して、健康的な室内を保つ「コンデンス除湿乾燥機」および「コンデンス除湿乾燥機プラス/セレクト」。コンデンス除湿乾燥機シリーズはダニ糞酵素の不活性化に大きな威力を発揮するアレルギー対策商品でもあります。ダニの害は一年中ですし、一般的な除湿機では苦手な低温での運転も安定しており、通年でお役に立つ商品ですが、やはり、この6月~7月が販売のピークです。弊社からは自然食品店ルート、治療院、助産院などでご好評いただいています。

時々、「排水タンクが固い、ひっかかる、スムースに取り出せない。」とのお声を頂戴しています。メーカー、開発者に対策内容を確認し、弊社でもモニター品で試験しました。

condence_tankタンクが固くてスムースに取り出せないときには、片手で本体の上の方を支えながら、本体を、後ろにすこし傾けます(底面を少し浮かせる感じです。タンク内が満水状態の場合、大きく傾けますとこぼれますので、ご注意下さい)。もう一方の手で排水タンクの下部を持ち、本体底面に対して水平にまっすぐにタンクを引き抜きます。こうすると、比較的スムースに取り出すことが出来ます。満水でタンクが重いときは上記の方法で少し引き出した後、両手でまっすぐに引き出すようにします。タンクにたまった水はフロート(発泡スチロール製)側からではなく、その反対側から排水します。(その方がフロートが外れにくい)

タンクをセットする場合は上記の逆を行います。

喫煙率が下がっているのに、肺ガンは激増しています。
いまや、日本人の死因トップはご存じ悪性新生物=ガン。
そして部位別トップが肺癌なのです。
→厚生労働省:平成20年人口動態統計月報年計(概数)の概況:

ガンの要因はタバコだけではなく、食事、運動、精神的ストレスほか生活の有り様にあることはいうまでもありませんが、、、、、、、、

今あらたな外的要因が注目されつつあります。「PM2.5」(微小粒子状物質※)がそれです。
排ガス・粉塵煤煙処理他もろもろ、、、のために発生した「微小粒子」は肺胞の奥、さらには、血液にまで入り込み、これが、「あらたな公害」を生み出しているのでは、、、ということなのです。※2.5ミクロン以下の超微粒子

巨視的な価値観ではすべてのガンを総体的に捉えがちですが、大気汚染の実態を科学的に捉えて、肺周辺の健康を脅かす原因をさぐることも必要かと思われま す。

そして、それに対応した新たな技術や旧来の技術の掘り起こしも重要。

公害処理のために発生するあらたな公害の発生ともいえることから、根本の解決は工業的生産を減らすこと。しかし、便利が当たり前の世の中の有り様を即座に 見直すのは難しい。ではどうすれば、よいのでしょうか。

微小粒子が蓄積したとしても、疾病に結びつかない、高い抵抗力を身につけること。

マクロビオティックやナチュラルハイジーンなど自然の理にかなった食生活に加えて、すぐれた健康補助食品 を愛用する、適度な運動もして、低体温症に陥らないようにすることなどをとりあえず、あげることとします。

さらに、加えて、外的要因を少しでも減らすためには、すぐれた空気清浄機を使用することが重要です。

これは菌やウイルスではないので、不活性化や殺菌という概念では太刀打ちできません。

しっかりと濾し取る能力のある空気清浄機を選択する必要があります。

微小粒子は今後、健康阻害要因として、医療はもちろん、空調機器、健康機器、健康自然食品の分野でも大きなテーマとなっていくことでしょう。

スほか生活の有り様にあることはいうまでもありませんが、、、、、、、、外的要因も見過ごせません。

排ガス・粉塵煤煙処理他もろもろ、、、のために発生した「微小粒子」(PM2.5※)は肺胞の奥、さらには、血液にまで入り込み、これが、「あらたな公害」を生み出しているのでは、、、ということなのです。※2.5ミクロン以下の超微粒子

玄米食べても間に合わない?

ではどうすればいいのでしょう?

巨視的な価値観ではすべてのガンを総体的に捉えがちですが、大気汚染の実態を科学的に捉えて、肺周辺の健康を脅かす原因をさぐることも必要かと思われます。

そして、それに対応した新たな技術や旧来の技術の掘り起こしも必要。

公害処理のために発生するあらたな公害の発生。
根本の解決は工業的生産を減らすこと。しかし、便利が当たり前の世の中の有り様を素部に見直すのは難しい。ではどうすれば、、、、、

「オゾン発生器買わない方が」国民生活センター

2009年8月27日付読売新聞 より

国民生活センターは27日、室内の除菌・脱臭効果をうたった家庭用オゾン発生器の中に、人体に影響を及ぼす高濃度のオゾンを排出するものがあると発表した。

オゾンは特有のにおい、強い酸化力を持つ気体。水や空気の浄化、有機物の除去など工業分野で利用される一方、空気中の 濃度が0・1ppm程度で鼻やのどに刺激を感じ、5~10ppmで呼吸困難を起こす可能性があるとされる。日本産業衛生学会は労働者の作業環境基準を0・ 1ppmとしている。

国民生活センターは今年5~8月、酸素を取り込んで吹き出し口からオゾンを排出する家庭用の発生器7銘柄を通信販売で購入。

試験室で30分間運転したところ、3銘柄で、10分以内に室内のオゾン濃度が0・05ppmを超え、運転停止後には0・31~1・01ppmになった。排出口から10センチの場所では、2・2~10・2ppmに達した。

全国の消費生活センターには2004年度から5年間で、「気分が悪くなった」などオゾン発生器の安全性に関する相談が計67件寄せられた。

(以上抜粋)

——————-

【代表・鈴木より】

新型インフルエンザ対策商品としてオゾン発生器や放電式によりオゾンを生じる空気清浄機が販売されています。

オゾンは強い酸化作用があり、濃度によっては健康被害をもたらす可能性が指摘されています。

健康への影響は個人差が大きく、適切に使用すれば効果がないというものでもないと思いますが、家庭には赤ちゃんや高齢者もいる場合がありますから、広く安全性が求められるのも当然とも言えます。しかし、だからといってこのジャンルの商品を一律に「買わない方がいい」というのは問題があります。

過去に「蒟蒻畑」が担当大臣の心ない発言で回収・製造休止となり製造会社だけでなく、こんにゃくいも生産者や地域経済にも深刻な打撃を与えたという事件がありました。明らかな失政です。

行政はこのような失敗を教訓に、オゾン発生器については十分に製造者側と話し合い、製造販売者、消費者双方にメリットのある現実的な方策を講じる必要があるでしょう。

ところで、新型インフルエンザウイルスを除去する機能付き空気清浄機は大手家電メーカーもそれぞれ出していますが、電気化学的な作用によるためオゾンの増加や周辺空気の変質の可能性があります。

弊社では国内大手製紙メーカー製の植物由来天然成分製フィルターを使用した高性能空気清浄機の販売を開始しました。

公的試験により、鳥型インフルエンザウイルスの除去率99.97%を確認。しかも、オゾンなど人体への有害成分の発生がなく、新型インフルエンザ対策製品として期待されています。

お問い合せは弊社までお気軽にお寄せください。

カナダのブリティッシュコロンビア大学小児科の研究者らは、肉類中心で魚の摂取量が少ない北米圏の食事は、必須脂肪酸のひとつ「オメガ3脂肪酸」が不足し、乳幼児の目や耳などの神経発達を阻害する可能性があると発表しました。

オメガ3系脂肪酸には、サケやニシンなどの脂に多いドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)、また、エゴマやシソ、亜麻仁の種実に多いアルファリノレン酸があります。

研究者は「健康を改善するには妊婦と授乳期の女性に限らず、すべてのヒトが様々な種類の果物、野菜、全粒穀物、ナッツ、卵、魚を摂取すると同時に加工食品と調理済み食品を最小限に抑えることが必要」と述べています。

(NPO全健協 けんこう293)